8月 10

btts2013

 

戻子の夏が終わった。引退を懸けて臨んだ大会は予選敗退。誰が悪かったというわけでもない。戻子はもちろん、チームメイトの誰にもミスらしいミスはなかった。しかし勝てなかった。惨敗すぎて、すっぱりと諦められる。強がりながらも彼女はそう割り切っていた。

「残念だったな、大会」

幼馴染の進が、かける言葉を選びながら戻子を慰める。

「いいの。どうせプロになれるとは思っていなかったし、これで受験に専念できる」

「さっぱりしてんな、未練はないのかよ」

「……未練、あるわよ。ないわけないじゃない!」「私だって3年間、がんばってきたんだ。夏休みを遊びもせずに」

堰を切ったように彼女は怒り出す。進に?いや、これまでの努力を裏切ろうとした自分自身にだ。

「まだ取り返せるだろう、8月が終わったって夏は続くぜ」

進の言葉に、戻子はふと自分の立っている場所を確認する。そこは体育館と校舎を繋ぐ渡り廊下であり、高校生最後の夏で、後ろには選手だった自分がいる。次に先のほうも見つめようとしてみるが、まっさらな景色は焦点をどこに合わせたらいいかわからない。
彼女は、ふと目の前に少年が立っていることに気がつく。なにもなかった空間に彼を配置してみると、なんと前後左右のハッキリとすることか。道標にちょうどいい。

「……ねえ、付き合ってよ」

「えっ」

道標扱いされているとは知らず、ドギマギと言葉を捜す進。しかし彼女は返事を待たずして駆け出す。失った夏は戻らない。だったら、その分もここから楽しまなければいけない。

彼女は加速しなければと思う。もっと、もっと。

戻子は振り返ると、これでもくらえっと追いかけてくる進と過去の自分に向かって指鉄砲を放つ。

「倍返しだ!」

9月1日、まだまだ夏は終わらない。

(文章提供:イイヤン)

LBTプレゼンツ「バック・トゥ・ザ・サマー」

2013.9.1(Sun)17:30-@池袋knot

DOOR:¥2,000(2d) / with フライヤー画像:¥1,500(1d)
※フライヤー画像は、携帯電話などの画面でご呈示下さい

当日、会場は出入り自由となっておりますので、長時間クラブにいるのが若干苦手な方もご安心下さい。
ただし飲食物の持ち込みや会場前での“たむろ”はご遠慮下さい。

Live:

HONDALADY

nakayoshi group

嫁入りランド

鼓膜シュレッダー

DJ:

Maesaka (BootyTune)

showgunn

hara (from HyperJuice)

Kenji Maeda

DJイオ

パリッコ

 

★スペシャル企画!★

・ビアベースのマスカットカクテル「ドリハイ」提供!

・ひんやりサイダー餅食べ放題

・塩なめ放題

★タイムテーブル大公開!★

17:30 DJイオ
18:00 Kenji Maeda
18:40 鼓膜
19:10 showgunn
19:50 嫁入りランド
20:20 Maesaka
21:00 HONDALADY
21:30 hara
22:10 nakayoshi group
22:40 パリッコ

★出演者プロフィール★

▼HONDALADY
21443_625427534158219_1169411560_n
マルを中心に96年結成。2002年から現在のメンバー構成となる。これまでにアルバム10枚、スプリットアルバム1枚、マキシシングル7枚をリリース。テクノ/ブレイクスを基調としたダンサブルでありつつも高揚感溢れるトラック、現代の四畳半フォークを彷彿とさせるリリックの独特な世界観、無駄に暑苦しいライブパフォーマンスが特徴。

またHONDALADYの活動以外にも、メンバーそれぞれによるDJ活動、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、電撃ネットワークなど他アーティストへの楽曲提供/リミックス/サウンドプロデュース、「NO MORE HEROS」等ゲーム音楽への楽曲提供も多数手がけている。

2013年4月、HONDALADYとして11枚目のニューアルバム「ON PATROL」リリース。

HONDALADY
HONDALADY on twitter

 

▼nakayoshi group
a1326e191715a506
東京を拠点に活動する4人組。
2009年にiTunes限定のEP『Ver. 0.9』をリリース。2010年にはアパレルブランド『galaxxxy』よりグラフィッカーとしても活躍するボーカルのgotoが描き下ろしたバンドTシャツを発売。ライブハウスを中心に活動しながらも、DROP TOKYOやLAFORET FASHION WEEK`12などのファッション系イベントにも参加。2013年7月24日には80KIDZ、SCAM CIRCLEなどの音源をリリースしているレーベル PARKより初のフィジカルリリースとなるEP『The Jesus vs Cheatman 』をリリース。
不定期に開催しているチミドロとの共同パーティー『ゲットー酒場』が一部の音楽好きと酒好きに好評を得ている。
http://www.nakayoshigroup.com/

nakayoshi group – Psycho Drastic Kiss (Official Video)
nakayoshi group / Haru no Arashi (Official Video)

 

▼嫁入りランド
1016705_625425717491734_1572596966_n

ラップ、ラジオドラマ、デコレーション、、温泉、恋、仕事、家族サービス、勉強、梅宮、、アンナ事こんな事…?!?!?!?!?

嫁入りランド(twitter)
嫁入りランド(soundcloud)

 

▼鼓膜シュレッダー
topbana

2004年に活動を開始し、2008年にパリッコ、DJイオ率いるダンスミュージックレーベル「LBT」に所属。
数々のメンバー変更を経て、現在はツージーが1人で全ての作詞作曲、プログラミング、ラップ、ボーカルなどを担当し、サポートメンバーのミュウミュウとともに”FUNKY”をモットーした音源を多数生み出している。
変態ラップ、オートチューンボーカル、さわやかダンスミュージック、ファンキーなギターなどを持ち味とした、通称“Wac Rock Disco”なスタイルで元気に活動中!

▼Maesaka (BootyTune)
988282_625426164158356_568584106_n

ダンスマニアの元ネタ探しからヒップハウスにたどり着き、バブル時代のあだ花トラックを
日夜ググり続ける男。ダンス甲子園から幅広くまとめられたブログは必見!

▼showgunn
1c7d5c6b-s

showgunnは、ツイッターですごい人気があるカリスマサラリーマンだが、仕事は嫌いだ。
Tシャツや野球帽が似合う夏生まれのナイスガイで、昼食にはラーメンを食すことが多い。
パソコンのない家は、すごい大量のCDで埋まっている。
その選曲の豊富さを活かしたDJの腕前は相当たしかだ。
酒ときゃりーぱみゅぱみゅが好きで、集めているのはプロ野球カード。
ツイッターでの川柳読みは、週末の風物詩となっている。(文責:LBT)


▼hara (from HyperJuice)
1098017_625425934158379_1701132015_n
91年に生まれ、16歳からスタートしたキャリアはサンプリングやドラムフレーズを再構築した音楽に大きく影響され、広く偏った音楽知識を独自の解釈でMIXするジャンルレスなプレイが各所で高い評価を得る。
過去にDENPA!!!やKAIKOOなどの大型イベントへの出演やUKのアーティストTechdiffのJapanTourに同行、自身が主催するeneraveをラフォーレ原宿で開催し注目を集め、20歳の若さで某レコードショップの店長に就任。
2013年より盟友fazerockとサウンドチーム「HyperJuice」名義での活動を開始。
東京のネクスト世代を牽引するDJの1人。
hara(twitter) 

▼Kenji Maeda
1006314_625426760824963_2024647705_n
東京生まれ、HipHop育ち。
中学生のとき雑誌「BOON」で古着に興味を持つ。
2浪を経て大学入学後、バンドサークルへ入部するも挫折。
その後1留を経て大学卒業後、大手派遣会社に人材登録。
現場では、安定した勤怠と業務への真面目な姿勢で高い評価を得る。
また2009年には、アニメ「けいおん!」を見て、ロックとオルガンの
親和性について再認識、ブートRemixの製作を開始することとなる。
現在は主にアニメ「猫物語(白)」や「ロウきゅーぶ!SS」を視聴中で
気が向くとSoundCloudに音源をアップする今後注目の人物である。

Kenji Maeda(twitter)

 

▼DJイオ

1333592752
なかなか寝られないタイプ


▼パリッコ
20130413201615
すぐ寝るタイプ


Comments are closed.